愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド「BRUNO」(ブルーノ)の公式ウェブサイト

今月のとれたて!| [3月]ディル・イタリアンパセリ編

2017.03.08 / COLUMN AUTHOR たかはしゆりさん # 今月のとれたて! # グリルポット

  • グリルポット
    そのときどきの旬のお野菜って本当に美味しいですよね!!
    でも、一体どの季節にどんなものが旬なのか…意外によく知らなかったりします。
    この度、BRUNO StyleアンバサダーでありSNSでも日々の家庭菜園の様子が大人気の、
    料理研究家たかはしゆりさんに、ご自宅の家庭菜園で採れたお野菜と、
    その食材を使った美味しいお料理をレポートしていただくことになりました!!

    --------------

    今月から毎月、家庭菜園や庭のプランターなどで収穫した野菜と、それを使ったお料理をご紹介することになりました。
    よろしくお願いいたします!
    とはいっても、畑は昨年の4月に借り始めた、菜園初心者です。
    昨年は期待していたよりずっといい出来だったものも、反対にうまくいかなかったものもありました。
    今年も色々試行錯誤しながら、なるべく薬剤を使わずに、採れたての美味しい野菜を日々の食卓に乗せられるように
    頑張りたいと思っています。
  • グリルポット
    さて実は、このコラムをスタートする今の季節、
    畑にはほとんど何もないのです(笑)。
    多くの家庭菜園家にとって、春夏の野菜作りに向けて計画を立てたり、準備をしている期間です。
    わたしの住む福島県は、まだまだ厳しい寒さが続いています。
    それでも凍った土や、積もった雪の下でけなげに頑張っている植物もいます。
    そのひとつがハーブです。
    暖かい時期に育つイメージが強かったハーブですが、
    実は畑を持つようになってからむしろ寒い季節のほうが
    育てやすいハーブがあることを発見しました。
    畑をすっぽりと覆っていた雪が溶け、凍ってだめになってしまったハーブの間から新しい芽が出ていたり、
    なんとか踏ん張っているハーブを発見した時の喜びはひとしおです。
  • グリルポット
    今回はそんなハーブから、ディルとイタリアンパセリを少し収穫できました!(寒さに強いといっても、何度も雪にやられてさすがに可哀相!)
    そのハーブを使い、グリルポットの蒸し機能でサーモンの紙包み蒸し を作りました。
    基本はクッキングシートで塩胡椒をしたサーモン、ディルを包みオリーブオイルを回しかけて、グリルポット で蒸すだけです。(お湯が沸騰してから入れてLOWで15分ほど)
    径が広く、軽くて蒸し料理のハードルが下がりますね。
    食べる時にイタリアンパセリをちぎります。
    夏場に沢山採れたプチトマトをセミドライトマトにして
    冷凍してあったものなどを一緒に蒸したりしても美味しく、
    自分で育てた野菜は愛おしく、無駄にせずにいただきたいと思うのです。

    --------------

    自分で作ったお野菜は、愛おしさも2倍!!!
    たかはしさんのお野菜への愛情が伝わってきます!
    さて、来月はどんなお野菜が採れるかな~♪
    こうご期待です!!