愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド「BRUNO」(ブルーノ)の公式ウェブサイト

今月のとれたて!| [6月]花ズッキーニ編

2017.06.14 / COLUMN AUTHOR たかはしゆりさん # 今月のとれたて! # グリルポット

  • 毎月恒例の「今月のとれたて!」。
    梅雨に入り夏野菜たちの実りが楽しみな季節になってきましたが、旬野菜たちの状況はいかに?
    今回も、BRUNO Styleアンバサダーであり、料理研究家たかはしゆりさんがレポートしてくれましたー!

    --------------

    6月に入り、トマトや茄子、きゅうりなど夏野菜の苗が畑や庭のプランターで元気に育っているのを見るようになりました。
    それらの収穫はまだ先ですが、今の時期だからこそのお楽しみが花ズッキーニです。

  • ズッキーニも夏野菜の代表選手ですが、綺麗で大きな黄色い花も食材として使えます。
    詰め物をして、蒸したり、焼いたり、揚げたりしていただきます。
    早朝に花が開いたら収穫しますが、数が揃わない場合はおしべやめしべを取って、花の中に丸めたキッチンペーパーなどを詰めて保存容器に入れて冷蔵庫に入れておきます。
    今回は3日間ほど続けて花を収穫し、フリットを作ってみました。
    ズッキーニの花には生ハムを入れたマッシュポテトを詰めました。
    他にはアスパラガスやパプリカ、マッシュルーム、畑で収穫したセージの葉、ルコラの花なども。
    薄力粉にベーキングパウダーを少し混ぜ、炭酸水で溶いた衣をつけてさっと揚げます。
  • 揚げるのに使用したのはBRUNOのグリルポット
    テーブルにあっても違和感がなく、電気なので油を使っても安心で、温度の調整も楽にできる上、可愛いガードが油のはねをカバーしてくれますし、蒸し網が油きりとしても使えるという優れものです。
    揚げ物にちょっと苦手意識のあるかたにも安全に楽しく使っていただけると思います。
    食卓で各自好きなものをちょこちょこと揚げながらいただけるのは、とても嬉しいことですよね。
    ホームパーティなどで花ズッキーニやカラフルな夏野菜、それに魚介も加えてフリットを作ってみてはいかがでしょう。
    野菜が苦手なお子さんも、自分で揚げると美味しく食べられるのではないかなと思います♪

    --------------

    ズッキーニ、花まで食べられるとは恥ずかしながら知りませんでした…。
    来月の連載ではおたのしみの夏野菜たちの登場でしょうか…!
    次回もお楽しみに♪