愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド「BRUNO」(ブルーノ)の公式ウェブサイト

今月のとれたて!| [8月]ビーツ編

2017.08.14 / COLUMN AUTHOR たかはしゆりさん # 今月のとれたて! # ビーツ # デュアルアイスクリームメーカー

  • 旬のお野菜を使ったおいしいお料理を紹介する「今月のとれたて!」。
    今月は、色鮮やかでインスタジェニックな話題のお野菜「ビーツ」。「デュアルアイスクリームメーカー」で、ひんやりスイーツを手作り。
    BRUNO Styleアンバサダーであり、福島県で家庭菜園をしているたかはしゆりさんがレポートしてくれましたよー!

    --------------

    みなさんはビーツという野菜を使ったこと、あるいは見たことはありますか?
    ボルシチに使われることで有名ですね。
    最近では、色の鮮やかな野菜が使われた料理がお洒落な雑誌のページやインスタグラムなどを飾ることが増え、ビーツも脚光を浴びてきている野菜のひとつのように思います。
    とはいえ、まだまだ一般的な野菜とは言えずお店で見かけることはほとんどないので、自分で作ってみることにしました。
  • ビーツは見た目はカブのようですが、皮が固くてゴツい感じがします。
    切ってみると中は驚くような鮮やかな美しい赤紫色で、生のまま食べると少し土っぽい風味がします。
    今回はその綺麗な色を生かしてジェラートを作ってみることにしました。
    使ったのはデュアルアイスクリームメーカーで、とても簡単に美味しいジェラートが作れます。
    ビーツはラップでくるんで加熱してから皮をむきます。
    生クリームと牛乳、砂糖を合わせたものを温め、ビーツと一緒に「コンパクトガラスブレンダー」で撹拌して冷蔵庫で冷やしておきます。
    それを冷凍庫で十分に冷やしておいたデュアルアイスクリームメーカーのカップに注いでセット、20分ほどで完成します。
  • ビーツは中くらいのものひとつで十分に綺麗な色が出ます。
    余計なものが何も入らないビーツのジェラートは、ほんのりさつま芋のような感じもし、優しい甘さでとても美味しくできました。
    デュアルアイスクリームメーカーを使う時に忘れてはいけないことはひとつだけ、カップをよく冷やしておくことです。
    夜寝る前に冷凍庫に入れておけば、翌日のおやつ作りには十分に間に合います。
    夏休み中のお子さまと、色々な野菜や果物でジェラート作りを楽しんではいかがでしょう。
    カップが2つあって、少量ずつ2種類作れますので、実験のようにお好みの味を探していけるのではないでしょうか。
    きっとお店でアイスクリームやジェラートを買いたいと思わなくなりますよ♪

    --------------

    お好きな材料で、ヘルシーアイスを手作り♪デュアルアイスクリームメーカーなら、材料を入れてボタンを押すだけで簡単にできちゃいますよー!

    9月はどんな新鮮お野菜が出てくるのでしょうか。乞うご期待!