愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド「BRUNO」(ブルーノ)の公式ウェブサイト

月に一度のスペシャルな社食『BRUNO食堂』|[11月]ラザニア

2017.11.28 / COLUMN AUTHOR BRUNOチーム # BRUNO食堂 # ラザニア # リュスティック # ホットプレート グランデサイズ

  • BRUNO(ブルーノ)」を展開する、イデアインターナショナルことイデアの社食『BRUNO食堂』をレポート!

    ・・・・・What’s『BRUNO食堂』?・・・・・・
    BRUNOチーム主催。
    BRUNOアンバサダーが作る、
    BRUNOのキッチンアイテムを使った、
    月に一度のスペシャルな“社員食堂”。それが『BRUNO食堂』!
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 11月は「ホットプレート グランデサイズ」 で作る「ラザニア」。
    今回の担当BRUNOアンバサダーは、登坂利枝シェフ。いつもの笑顔で愉しく対応していただきました。
    さらに!今回はラザニアに加えて、ご自宅で「リュスティック」と「りんごのコンフィチュール」も作ってきてくれましたよー!
  • ホットプレートで作る「ラザニア」は、お鍋もオーブンも使いません。
    「セラミックコート鍋(グランデなら仕切り鍋)」に、ラザニア用パスタやミートソース、ホワイトソースをどんどん重ねたら、パスタの下茹で用の水を流し込んでスイッチを入れれば準備OK。そう、パスタの下茹では不要なのです!
    あとは、ラザニアが水を吸うまでホットプレートで加熱(【MED】で30分程度)したら、ピザ用チーズとパセリをトッピングしてできあがり!

    ラザニアを取り出すとき、焦げ付かないので掬いやすくて、お手入れ楽ちんなのもホットプレートならではのうれしいポイントなのだとか。
  • 登坂シェフお手製の田舎風ハードパン「リュスティック」は、BRUNOのニューフェイス「トースターグリル」でリベイク。
  • 「トースターグリル」で温めたパンは、外はこんがり、中はもっちり。紅玉で作った「りんごのコンフィチュール」をお好みで付けて、召し上がれ!
  • ミートソースとホワイトソース、とろけたチーズのコンビネーションがたまりません!
    コク旨なミートソースの秘訣は・・・登坂シェフいわく、黒砂糖を使うことなのだそうです!!
  • BRUNO食堂は今日も大盛り上がり!
    BRUNOのキッチンアイテムを使うきっかけに。スタッフとスタッフの交流を深めるきっかけになっています。

    BRUNOチームは愉しくをモットーに。みんなに“愉しい”をお届けできるよう、今日も奮闘中!
    来月のBRUNO食堂もお愉しみに。


  • ***2017.12.8 レシピ追記

    ■下茹で要らず!ホットプレートで作る ラザニア
    【材料(ホットプレート グランデサイズ1台分)】
    ミートソース…500g位
    ホワイトソース…1缶
    ラザニア生地…20枚くらい(1箱で少し余る)
    シュレッドチーズ…1カップ
    オリーブオイル…適量
    水…適量
    <トッピング>
    パセリ…少々

    【作り方】
    1.ホットプレート グランデサイズ(仕切り鍋)をセットし、オリーブオイルをひく。

    2.ホットプレートにミートソースを入れ、その上にラザニア生地を並べたら、水をひたひたになるまで注ぐ。ホワイトソースを入れ、さらにラザニア生地を並べたら、また水をひたひたになるまで注ぐ。この工程をさらに2回繰り返して層にする。

    3.[HI]にしてフタをする。たまに様子をみながら[MED]に落とし、30分程度加熱する。ラザニア生地が柔らかくなったら、チーズをかけてフタをして1~2分で出来上がり。
    仕上げにパセリをかける。

    <コメント>
    ホワイトソースよりもグラタンソースの方がコクが出ますが、ホワイトソース缶の方が手に入りやすいと思います。
    水の量は、ミートソースの水分量によって適宜調整してください。