愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド「BRUNO」(ブルーノ)の公式ウェブサイト

今月のとれたて!|[1月]プチヴェール編

2018.01.16 / COLUMN AUTHOR たかはしゆり # 今月のとれたて # にんじん # トースターグリル

  • 旬のお野菜を使ったおいしいお料理を紹介する「今月のとれたて!」。
    今月のお野菜は「プチヴェール」。先月に引き続き、今月も「トースターグリル」 を使ったメニューをご提案。
    BRUNO Styleアンバサダーであり、福島県で家庭菜園をしているたかはしゆりさんがレポートしてくれましたよー!

    --------------

    年が明け、いよいよ1年の中でも最も寒さが厳しい時期に突入しました。
    今現在、わたしの暮らす福島県南部では畑に出て作業をしている人はあまり見かけません。
    つまり畑で収穫できるものはほとんどないということですが、この寒さの中で甘みを増している野菜もあります。「プチヴェール」もそのひとつで、芽キャベツとケールの交配によって開発された非結球芽キャベツです。1990年に日本で生まれた新しい野菜なんですよ!
  • プチヴェールは、大きさは5センチ程度、バラの花のように葉が開きます。
    冬が旬の野菜で、とても栄養価が高く、特にビタミンC、βカロテンが豊富でミネラル分も多く含まれているそうです。サッと茹でておひたしにしたり、サラダにしたり、またソテーしても美味しいですし、パスタやシチューに加えても。
    ほんのりとした甘みがありクセもなく、とても食べやすい野菜です。捨てる部分がほぼありませんので、そういう意味でも使いやすい野菜だと思います。
    今回はこのプチヴェールをたっぷりと使ったグラタンを作ってみました。下ごしらえのいらない材料で、ホワイトソースも別に作らない調理法なのであっという間に出来上がります。
  • 作り方ですが、フライパンで一口大に切った鶏肉を炒め、シメジ茸とプチヴェールを加えてさらに炒め、小麦粉を振り入れて牛乳を加えてクツクツっと煮込みます。
    それを耐熱容器に入れてチーズをのせ、「トースターグリル」でチーズが溶けるまで焼きます。
    前回のコラムでも書いたのですが、このトースターグリルのトップオープン式というスタイルはとても使いやすいです。熱々の料理を取り出すのが本当に楽ちんですし、安全です。
    またかわいい姿から想像するよりずっとパワフルです。
    卓上にこのトースターグリルを置いて焼き上がりを待ち、「さあできた!」と目の前でフタをパッと開けるのは誰にとっても嬉しく楽しい時間ではないでしょうか。

    --------------
  • 卓上で使うのが「トースターグリル」ならではの愉しみ方。大きな窓から段々と焼きあがる様子を見届ければ、さらにおいしくなること間違いなしです。
    今の時期、プチヴェールを見つけたら“買い”ですね!